ペンチューブ

収縮チューブの特性

用語の説明

用語の説明
C:収縮後肉厚 B:収縮後内径 A:収縮前内径

温度と収縮率

温度と収縮率
温度と収縮率
温度と収縮率

収縮加工法

収縮チューブを選びカットする
収縮チューブを選びカットする
(1) 品種を選ぶ
収縮チューブを選びカットする

被覆する目的、被覆した部品が使われる場所、使われ方、条件、頻度、寿命、使用数量などを考慮して選択します。

(2) サイズを選ぶ

サイズは対象物に挿入できる収縮前内径、対象物外径以下の収縮後内径と加工欠陥考慮して決めます。

(3) カットする

カットは被覆部の長さ、位置づれ、収縮チューブの長さ変化率、カット公差などを考慮して決めます。

用語の説明

ふっ素樹脂の一般的特性

この表の数値は代表値であり、規格や保証値ではありません。

この表は横にスクロールできます。

項目 単位
※[ ]内は試験条件
試験法
(ASTM)
PTFE PFA FEP


融点 D4591 327 310 260
比重 g/cm3 D 792 2.13-2.20 2.12~2.17 2.15-2.17
吸水率(24Hr.) D 570 0.01 0.01 0.01


引張り強さ MPa D 638 20-35 20-35 20-30
伸び D 638 200~400 300~350 250~330
圧縮強さ MPa D 695 10-15 15-20 14-19
アイゾット衝撃強さ J/m D 256 150-160 破壊せず 破壊せず
曲げ弾性率 GPa D 790 0.53-0.58 0.54-0.64 0.55-0.67
引張り弾性率 GPa D 638 0.40~0.55 0.40~0.50 0.34
硬さ(ショアー) D 2240 D 50~55 D 60 D 55
動摩擦係数 (0.7Mpa 3m/min) D 1894 0.1 0.2 0.3

連続最高使用温度 (無荷重) 260 260 200
熱伝導率 W/m・K C 177 0.23 0.19 0.20
比熱 103J/Kg・k 1.0 1.0 1.2
線膨張係数 10-5/K(-30℃~+30℃) D 696 10 12 9
ボールプレッシャ温度 180 230 170
荷重たわみ温度 ℃ [1.81MPa] D 648 55 47 50
℃ [0.45MPa] 120 74 72


体積抵抗率 Ω-cm[50%RH,23℃] D 257
>1018 >1018 >1018
絶縁耐力(短時間) MV/m[3.2mm厚] D 149
19 20 22
比誘電率 [60Hz] D 150D 2.1 2.1 2.1
[103Hz] 2.1 2.1 2.1
[106Hz] 2.1 2.1 2.1
比誘電率 [60Hz] D 151 0.0002 0.0002 0.0002
[103Hz] 0.0002 0.0002 0.0002
[106Hz] 0.0002 0.0003 0.0005
耐アーク性 sec D 495 >300 >300 >300



燃焼性 [3.2mm厚] UL-94 V-0 V-0 V-0
限界酸素指数(LOI) D 2863 >95 >95 >95
直射日光の影響 なし なし なし



D543 超優秀 超優秀 超優秀
アルカリ 超優秀 超優秀 超優秀
有機溶剤 超優秀 超優秀 超優秀

※超優秀:ほとんどの薬品、溶剤に過酷な条件下でも侵されない。