どんな職場?

先輩社員の声

熊谷 将之熊谷 将之製造部 2016年 新卒入社

自分で考えてやったことが上手くいく、
そんな積み重ねが喜びです。

大学時代は、電気工学科に席を置いていましたが、“ものづくり”に興味があったのと就職説明会での“風通しのいい会社”という言葉に惹かれて入社しました。

“ふっ素”や“チューブ”についての知識は全くなかったので不安はありましたが、入社前に数か月、アルバイトという形で研修を経験できたことは良かったと思います。

この期間を通じて、会社の雰囲気にも慣れ、多くの先輩方ともコミュニケーションが取れるようになりましたので、余計な緊張もすることなく入社日を迎えることができました。

また、実際に仕事に携わることになり、色々と分からないことにぶつかった際、素直に質問ができるのもこの研修期間があったからだと感じています。

熊谷 将之

疑問や質問に対しては、ほとんどの場合、細かく教えてもらえますが、おおまかの場合もあり、その時は、悩みながらも自分で考えてやってみるようにします。 “もっと詳しく教えて欲しい”と思いますが、 “自分で考えてみるのも大事だよ”というメッセージであるとも感じています。

まだ回数は多くないですが、自分で考えて上手くいった時は、やっぱり嬉しいです。

今は、そんなことが出来るだけ多くなるよう頑張っているという感じです。

本堂 海本堂 海製造部 2016年 新卒入社

“絶対がない”からこその難しさと
やりがいを感じています。

大学ではコンピュータ応用化学学科でしたが、高校では機械科にいましたので、“ものづくり”にも興味があり、いざ就職となるとどちらの分野に進んでいいか悩みました。

特にチューブについては何も知らなかったので、少しでも知識のあるコンピュータ系の方が良いようにすら感じていました。

そんな時、お世話になっていた美容師さんに“若いうちは思うようにやってみるのがいい”というアドバイスをもらい、やりたかった“ものづくり”ができるこちらを選びました。

誰もが社会に出る時はゼロからのスタートです。どんな仕事に就いたとして不安はあるものですし、今思えば、その時の自分の気持ちに正直になったことは良かったと感じています。

本堂 海

現在は、チューブの押し出し成型を担当しています。簡単に言うと原料を指定されたチューブの形にする作業ですが、同じようにやっているつもりでも毎回上手くできるとは限りません。その日の温度や湿度といった部分に左右されることもあり、先輩の“加工作業に絶対はない、経験から推測していくしかない”という言葉を身に染みて感じています。

専門用語も多く、戸惑うことも多いですが、ひとつひとつ覚えていくことが、自分にも、会社全体にも役立っていくと思い、細かいことにも責任を感じながら働いています。

吉松 正員吉松 正員製造部 2009年 中途入社

世界一のチューブを作っている。
だから、もっと多くの人に知って欲しい。

以前は、羽田で航空貨物を扱う会社におりました。いわゆる大企業でしたが、それゆえに、個人の意見が活かされずストレスを感じることもあり、自分にはむしろ中小企業の方が向いているのでは、と考えていました。

そんな時、縁がありペンニットーに入社することとなり、今では、以前は得られなかった風通しの良さと充実感を感じています。

現場で何かを感じた際には、上司が近くにいるのでいつでも相談できますし、自分自身を含め会社全体がフレキシブルな動きができることが何よりであると思います。

吉松 正員

仕事は、製造部門で、装置の立ち上げから成型の前工程、そして検査を担当しています。入社時から3年は、押し出し加工に携わり、その後、波型加工、検査と製造の様々な業務を経験してきました。

入社以来製造部門でしたので、今後は他の部署も経験し、会社全体の業務を学んでいきたいと考えています。

また会社全体としては、ペンニットーのチューブは世界一だと思っていますので、もっと多くの人にその良さを知ってもらいたいと思っています。

矢田 良樹矢田 良樹製造部 2007年 新卒入社

様々な部署で経験したことをさらに活かしていきたい。

入社した理由としては、就職の際に、いくつかの企業を回ってみて会社の雰囲気が一番良かったので決めたことを覚えています。
最初に配属されたのは製造部で、その頃はただ言われるがままで、実際自分が作っているチューブが何に使われているのかもわからずに働いていたような気がします。その後、営業部に異動となり、やっとどういった部分で役立っているかイメージできるようになりました。
営業部を2~3年経験した後は、出荷などを行なう管理部に行き、現在は再び製造部に籍を置いています。

矢田 良樹

担当しているのは主に出来上がったチューブを、目視で全数検査をする仕事です。チューブは機械が一度動き出すと次々と生産されてきます。もしキズなどがあった場合は、早い段階でストップをしないと全てが無駄にもなりかねませんので速さと正確さが必要であると考えています。
おかげさまで、製造、営業、管理といった様々な経験していることで、それぞれの部署の良さも苦労も知ることができました。それが自分の財産であり強みでもあると思っておりますので、これを活かしながら、将来的には、ペンニットーならではの新しい製品を開発していきたいと考えています。